屍鬼:4

滲み込む様に五人の姿が廃屋に消える。

全員がその成り行きを見守っていたが、フヘドはふっと、暗さを増す草原に視線を移した。
つい今しがた人影草の絡み合う影かと判じかねたものが、今やはっきりと人の形であるのが判った。
フヘド隊長に報せるべく口を開きかけたが、口の中が乾き切っているのに気付いた。隊長、と声に出した心算が、何かしわがれた呻きの様な音でしかなかった事にフヘドは動揺した。フヘドの視線が背後の草原に戻ろうとした時、先程とは違う地点で何かに引っ掛かった。
黒い人影だ。背後の人影よりも近かった。
フヘドの混乱した視線が四方を泳いだ。囲まれている。フヘドは頭にカッと血が昇るのを感じた。あれ避難した住民じゃない。あれは、揺れている。揺れながら近付いて来る。歩くのが酷くヘタクソに見える。
枯れた声で隊長を呼んだ。自分の声には聴こえなかった。
隊長が、訝しそうにフヘドを振り向く。何事か?と云う表情に変化した時、絶叫が聴こえた。
そして悲鳴が続く。何度も。
隊長のした方を見遣る。
暗い、影絵の様な廃屋を。
二、三人がまろび出て来る。つんのめり、腰が砕け、彼らは仲間の所に逃げ帰って来た。兜の外れた者、右半身にべっとりと血糊の飛沫いた者、皆一様に蒼白に引き攣った顔になっている。
「隊長、死人が…。」
死人が襲って来た、と切れ切れに訴える。
二人、やられた。隊長は硬い表情で、それを聴いていた。嘘や勘違いではなさそうだった。
「隊長!」
フヘドは叫んだ。
「隊長、囲まれてます!あれは、あれは…c。」
隊長が素早く周囲を見廻す。隊員達もてんでに四方に視線を泳がせる。
暗闇から人型の影が染み出して来ていた。
完全に包囲されている事は、フヘドならずとも容易に判断出来た。

その内の一体が、焚き火に照らされた範囲に姿を現した。
死んでいる者だった。衣服は綻びている。いや肉体も綻びている。腹が抜けて、腸が垂れ下がっている。眼は白濁し、口は緊張感を失ってだらしなく開いている。口を開けていると言うよりは、顎が垂れ下がった様に見えた。そして、腐臭が一気に鼻腔を満たす。
野晒しの犬の死骸の臭いだ。生ゴミを埋める穴の臭いだ。
そこにゆらゆらと歩み出たのは、正しくであった。
団員達は正確な判断力を失った。
先輩団員の中で最も線の細いタヒアは棒立ちのまま凍りついていた。そのタヒアの横合いから両手を前に突き出した死人が掴み掛かった。ひゅっと乾いた音がタヒアの口から漏れた。悲鳴だったに違いない。死人タヒアの頬から上唇にかけてを喰いちぎった。
巡回部隊の両雄であるヘルツィフホルスは反応が早かった。それぞれが得意の武器を構えて死人に攻撃を仕掛けた。
ヘルツィフは隊支給の直刀ではなく、大きく湾曲した細身の剣だった。死人に袈裟懸けに斬り付け、さらに腹部に突きを入れる。しかし、生命感の無い、ズタ袋の様な手応えにヘルツィフは怯んだ表情を見せた。ヘルツィフの右肩が横合いから接近して来ていた死人に掴れた。一閃、その腕を斬り飛ばしたヘルツィフに今度は正面から最初の死人が掴み掛かる。を握った拳でその顔を殴り付けるヘルツィフに片腕の無い死人が再び掴み掛かる。さらにもう一体が。数体の死人の黒い影に剣士の姿が紛れて行く。
ホルスは最初の一突きが死人に効力の無いのを知るや、後はを振り回して打撃を加える事に専念した。ホルスの太いの柄が風を切って鈍い音が続く。
少なくとも歩く死者の群れに対して、某かの攻撃行動を取ったのはヘルツィフホルスだけだったようにフヘドには思えた。他の隊員はただただ怯え、或いは呆然として、死人に襲われていた。

hand.jpg


隊長はおそらく巡回部隊の中では最も冷静であったと思われる。
廃屋から逃げ帰った隊員に、何事かを確認している様だったが、知りたい情報を得るや、廃屋に逃げ込む様命令を発した。何人かはその声を聴いて廃屋に走った。
フヘド廃屋が安全に思われて、駆け出そうとした。
瞬間、腐臭が一際強く鼻腔を衝いた。
死人が視界の中に唐突に入って来た。数歩の距離である。武器は効かないと思った。背後に死人の発する複数の足音が有った。
は、素早く屈むと焚き火に手を伸ばして、火の点いた薪を手に取るや、これを振り回した。表情の無い死人が僅かにたじろいだ様に見えた。
フヘド廃屋に向おうとして、凍りついた。隊員達を追って、死人の群れフヘド廃屋の間を塞ぎつつある。

彼は取り残された。

胴震いがした。

風に靡いた薪の炎がはためく様な音を立てた。


前へ | 目次 | 次へ
posted by リューグハルト at 2006年03月13日19:42 | Comment(7) | TrackBack(0) | 外伝
この記事へのコメント
フヘドだけ取り残されちゃった。。。
廃屋に逃げ込んだ隊員は。。。
あぁぁぁーーーー( ´Д`)

いあぁいつも思うけど、人物の作りこみや表現もうまいなぁ(*´ω`*)
うちもヘルツィフやホルスのように活躍したい。。。

|∀・) ・・・。
Posted by 美那 at 2006年03月13日 19:56
いつも思うのですけど・・・・
やっぱりリューグさんは絵が上手い・・・▽−ω−*▽ポワ~~ン
というより私好み!雰囲気がとってもかっこ良い
Posted by 月狐 at 2006年03月14日 18:05
私も、リューグハルトさんの話の展開などは好みですかね。
多少微グロな所が自分的には結構・・・(マテ
Posted by クラトス at 2006年03月15日 08:25
月狐さん>
色んな雰囲気を出せるのは憧れますよね(*´ω`*)

んーーー
うちももっと盗まなくっちゃ♪♪
Posted by 美那 at 2006年03月24日 03:29
クラトスさん>
うちは怖いのはダメなんですよ(ノε`)ンププ
血を見て貧血おこす人なんでw

。+゚(つз`o)゚・*:.。
Posted by 美那 at 2006年03月24日 03:30
やっべぇ〜w展開がマジ面白ぃ>w<

早く次々w気にになる〜>w<

っと久々のmiriのコメントでしたっとw
Posted by miri at 2006年03月31日 00:00
miriさん、感想有難う御座いますヽ(^o^)ノ
励みになります♪

頑張って続きを書きたいと思います(o`ω´)ゝ
Posted by リューグハルト at 2006年04月04日 18:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック