夢の女:3

お互いがどの様な境遇の、どの様な存在か大まかに掴めてからは、夢の逢瀬は現実の延長となった。
その日の生活を終えてミナと逢って歓談し、眠りに就く。それは極普通の生活の一部であり、ミナとの逢瀬リューグハルトに取って掛け替えの無い、大切なひと時になって行った。

リューグハルトをしている自分にどの段階で気付いたのだろうか。
おそらくその境目は誰にも判らないのだろう。気付いた時には既にと云う名の穴に落ち込んでいる。
しかし繊細な部分を多量に心奥に蔵しているこの不器用な男は、自分ミナに対する気持ちが変質した事には気付かず、ただ彼女に逢えない昼の時間に、彼女を想って切ない胸の痛みを覚え続けた。

想いは 高まる。
どちらからともなく、昼の世界での出逢いを求める事になる。
昼の世界での出逢い
その言葉には甘美な響きが篭っていた。
そしてそれは、逢瀬を現実と捉えている二人にとって当然実現されるべき、予定の出来事となった。

リューグハルトは、僧兵になろうと思った。
僧兵の操る念術、殊に傷や疲労を癒す救命詠唱は欲した。
周囲の者は一様にの転身を訝しみ、また引き止めもした。しかしの決意は固かった。
は、での交流でミナが烈火のような攻めを身上とする女戦士であると理解していた。
補助をする者の存在が彼女の活躍には必須であると、は判断したのだ。
僧院の出家を快く思った訳ではない。が、結局真摯な懇願に折れた。は敬虔な新人学僧が舌を巻く程の熱心さで念法詠唱の習得に取り組んだ。ミナと同質の、力押しの攻めで名を馳せた戦士は、一心に学問に没頭し、精神修養に努めた。同門の、よりもすっと年少の学僧達は、その不器用な邁進に呆れもし、好感を抱きもした。
は幾種かの救命詠唱を物にするや否や、僧院を後にした。教授方の高僧の中退を惜しんだが、の心は変わらなかった。
リューグハルトの留守を守っていた自警団の副長は、が故郷を後にすると聞いて呆然とした。リューグハルトを中心に成立し、を慕う者で大きくなった組織なのだ。しかし、落胆は有っても、そして動機に不審は有っても、リューグハルトの性質を知っている団員達は最終的にはの脱退を受け容れた。ただし、必ず帰還する事、それまで団長の席は空けて待っている事をリューグハルトに無理やり承知させた。それが譲れぬ条件だと団員達は主張した。リューグハルトは泣いた。そしてその条件を飲んだ。

リューグハルトはそうして、故郷を後にしたのだ。


ジグールは他人のの話をこれほど長々と聴いた経験は無かった。他人の夢を聴く程詰まらぬ事は無い、と云う一般的な認識に疑いを持った事は無かった。
しかし、この非日常的な夢物語ジグールには否定出来なかった。
に見たと逢うべく、この大男ははるばると旅をして来た。の中で落ち合う場所の変更を報され、今極めて危険な場所へ、まるで春の野に行楽に出掛けるような風情で向っている。
リューグハルトの語る夢物語を鼻で嗤うのは容易かったが、ジグールリューグハルトの言う夢の女トルゴイに実際に居るのか否かがやけに気になった。居て欲しいと言う気持ちが拭い難く心に宿っているのを、我ながら不思議だとも思った。
眼の前の価値有る物品なら判る。有るか無しか判らぬ不確かなの様なものを、人は命懸けで護ろうと思えるものなのか、と思った。
まだ手に入れぬ財宝を欲する、と云うのとは少し意味合いが違う気がした。
まだ見ぬものに命を懸ける。
僅かながら、その語句に震える様な甘美さを感じる自分を認めて、ジグールは戸惑いを覚えた。

リューグハルトの、巨躯に似合わぬ澄んだ瞳の色が、そう思わせるのだろうか、とジグールは思った。

takibi.jpg


前へ | 目次 | 次へ
posted by リューグハルト at 2006年04月15日14:25 | Comment(3) | TrackBack(0) | 外伝

夢の女:2

金色の草原が、揺れていた。
風は温かく柔らかかった。
その草原に立つ人影は、傾いた陽光で縁取られ輝いていた。
リューグハルトは歩み寄って行く。
若い娘だった。未だかつて逢った事の無いだった。
長い髪が風に靡いて舞っている。意志の強そうな眉は凛々しく、悪戯な少女を思わせる大きな黒い瞳が愛苦しく、また回転の良さそうな輝きに満ちていた。口元は無邪気に笑みを浮かべ、それで居て肉感的なふくよかさを兼ね備えていた。
リューグハルトは胸に痛みを伴った陶酔を感じた。
長い間、彼女を見詰め続けた。
彼女もまた、リューグハルトを見詰めていた。近寄るに気付いたその娘は、少し驚いたような表情を見せたが、それはすぐに強い好奇心に取って代わった。彼女リューグハルトの頭から爪先までをくるくると良く動く双眸で観察していた。彼女の纏う薄衣が風に大きく揺らめいている。ただ立ち尽くしてお互いを見ている男女であったが、リューグハルトの胸の切なさは甘く高鳴り、であるにも関わらず自分の鼓動、呼吸までが感じられた。それは極めて歓びに満ちた時間だったのだ。
、ではない。
脈絡も無くリューグハルトはそう思った。


yumeonna.jpg


「そう、夢だ。」

の話になって、微かに訝しむジグールに、リューグハルトは答えた。
「夢なんだ。だが、そう、普通の夢じゃなかった。」

これは体験なのだ。自分の記憶の中の出来事の一つに違いない。
そういう想いが、この無骨な僧形の戦士の中の繊細な部分に湧き上がっているらしい。
時を置いて顧みた時に実際の記憶としか思えない痕跡。
それは体験と何ら変わらない実在の色合いを帯びていたのだ
、と言うような意味合いの事をリューグハルトなりの簡素な言葉で表現した。

は繰り返し見る様になった。
最初は何日か置きだったも、暫くすると毎日見る様になった。昼時の転寝の中でも姿を見るようになった。
彼女との距離は縮まり、やがて手を伸ばせば触れられる距離にまで近寄った。しかし手を伸ばそうとは、思わなかった。
リューグハルトは自分の名前を名乗った。
も名乗った。
ミナ、と云う名前だった。
ミナリューグハルトの事を知りたがった。様々な質問をされた。
リューグハルトもまた、彼女の事を知りたいと思った。知りたいと思うあらゆる事を訊き、また尋ねられればどんな事であっても教える事が出来た。
知りたく思うのと等しい量の自分を知って欲しかった。そう云う気分に自然となっている。
二人の交流は何週間にも及んだ。

ミナは西域の大きな宿場に住んでいると云う事だった。
父親は宿場を護る守備隊の隊長であったらしい。西方の匪賊との戦闘で命を落とした。母親以外の男と余生を送る気は全く無く、独り身を通してミナを育てた。
ミナや幼い達を護りたいと思った。
の代わりにならねばならないと思った。
守備隊の武技師範の親友であった。
この武芸者長柄の扱いを仕込まれた。
仕込まれたというよりも、無理を云って、教わった。
師範は友人の遺児が戦闘に携わる事を良しと思っていなかったのだが、ミナは懇願して教授する事を約束させたのだ。
元来運動神経に優れたミナは、師範が思わず気を入れて教えたくなるほどに上達した。
父親を慕う隊員の多い守備隊にミナが入隊するのはごく自然な流れだった。果敢な攻めと俊敏な戦いぶりは同僚の中でも群を抜き、やがて守備隊の中でも三本の指に入る腕利きと目されるようになる。
誰が言うとも無く“強襲のミナ”と呼ばれる女戦士になっていた。その闘い振りが、やはり勇猛果敢であった父親を彷彿させる、と云う者もあった。
ミナは自分の長柄武器の上達に満足して居たし、また日を追って積み重ねられて行く技術の蓄積に手応えを感じても居た。そして何より、武芸に喜びを感じていた。

そんな頃に、を見たのだ。現実と変わらない、不思議なを。

ミナは、黄金の草原で大きな男の姿を見た瞬間に、胸が熱くなった。ときめきと云う感覚だった。頬が火照るのを感じた。その人影が、毎日のの中で接近して来る。そのくっきりとした顔の造作は直截に熱い血を感じさせる。そして力の有る少年の瞳。ミナは、日に日にときめきが高まって来るのが判った。胸が苦しかった。昼が切なかった。

ミナはその性情通り、ただ真っ直ぐに、をしたのだった。


前へ | 目次 | 次へ
posted by リューグハルト at 2006年04月13日02:27 | Comment(1) | TrackBack(0) | 外伝

夢の女:1

journey3.jpg


「夢?」
ジグールは、そう訊き返した。

古都を出立して既に二日経っている。

リューグハルトジグール、そしてトルゴイの少年チポルは、街道から少し外れて、野宿の準備を済ませた所だった。チポル夕食が待ち切れない様子だった。午後、夕食の為にと、ジグール飛礫を用いて草原雷鳥を二羽、仕留めて居たのだ。良く肥えた立派な雷鳥で、チポルは進んでその獲物を運びたがった。
リューグハルトの荷物の中には、干し肉団子が入っていた。これは香辛料調味料に漬け込んで干した牛の肉を細かく挽いて薬味獣脂と共に練った団子で、日持ちも良く、また鍋に投じて水で崩して煮れば風味豊かな肉の汁物にもなる、携行食としては打って付けのものだった。雷鳥は塩を振って焼き、干し肉団子にする事になった。脂の乗った鳥肉の焦げる臭いと、香辛料の効いたの臭いとで、チポルは思わず喉を鳴らさずには居られなかった。
ジグールは食後の濃く淹れたスウ茶を湯飲みに注ぐと、倒木の脇に敷いた毛布の所に持って行き、ゆったりと片膝をついた。
リューグハルトは黙って焚き火の焔の揺らめきを見詰めていた。ジグールは他者との交流を求める性質ではなかったが、リューグハルトに訊きたい事は沢山有った。そして交流の上手い下手を問わず、今は話し掛ける絶好の機会に違いないと思えた。何故、少年の訴えに応える気になったのか。ジグールは無駄な言葉を一欠けらも交えずに訊いた。
「俺は、」と静かな調子でリューグハルトが口を開いた。
トルゴイに行く心算で、古都を発って旅して来たのだ、と云う。に逢う為であると。
元々行く心算の場所だったのか。ジグールには少し意外な気もした。知り合いが居て、その場所が危険な状況に陥って居る。助けに行くのも当然な気がする。そんな簡単な事だったのか。それならジグールにも理解は出来る。いや、しかしそれでは納得が行かない。誰も振り返ろうとしなかったチポルの訴えに、野原へ苺摘みにでも出掛けるような笑顔で応えたリューグハルトに感じた「何か」は、それでは説明がつかない。
「親類でも居るのか?」と、ジグールは訊いた。
「いや、親戚も友人も居ない。初めての土地だ。」
遠くに視線を移してリューグハルトは言った。ジグールはその眼差しに何か愛おしさの様な色合いを感じ取った。
「古都で出逢う筈の女が、トルゴイに旅立ったらしくてな。」
女か、とジグールは思った。しかし何だか腑に落ちない。そのジグールの戸惑いを表情から読み取ったのか、どうか。リューグハルトは静かに話し始めた。

リューグハルト東部辺境の中規模の城塞都市で生真面目な聖職者のと貞淑で明るいとの間に産まれた。
いつでも正論を語り、そして裏の無い信念の人であったに反発が有った。
両親に似ぬ恵まれた体格に育ったリューグハルトはやがて戦士としての道を選ぶのだが、それは父親と違う土俵に立ちたかったのかもしれない。
故郷に徘徊する野獣と闘い、それが同時に近隣集落の人々の助けになると知り、生き甲斐を見出す事になる。戦闘は、個人技のレベルで或る意味擬似的な芸術と言えなくも無い。自己表現の欲求は、見事に害獣を倒す事で得られる。そしてそれは人々の感謝と云う形で手応えになる。
は都市外郭の住民に取っては「勇者」と呼べる存在だった。
自然、を慕って若者が集まり、私設自警団の様な集団が生まれた。私設自警団と城塞都市の正規の守備隊とは深刻な対立も無く、良好な関係を保つ事が出来た。守備隊遊撃部隊とでも言うような役割をリューグハルト達が受け持つ形に、自然に収まったからだ。都市の治安委員との煩わしい手続きで守備隊が動けない時等は守備隊々長から内々にリューグハルトの出動が依頼される事も有った。
リューグハルトが生まれ故郷に確固たる位置を築き始めた、そんな或る日の夜。
それは都市の南方の海岸近くの峡谷に棲みついた大蟹を討伐し、心地良く寝床に横たわった、その睡眠の最中の事であった。


前へ | 目次 | 次へ
posted by リューグハルト at 2006年04月09日01:59 | Comment(3) | TrackBack(0) | 外伝

狼男だよ

狼男です。


lycaon.jpg


狼男に関しては、設定的にどうよ?みたいな部分が有りますね。
チェーンなんかレベ上げると凄く強いのですが、どうにも引っ掛かります。
イヌ科生きものっては使いませんよねww
で攻撃するのはネコ科だと思うんですがどうでしょうww
と言う訳で、の方はアイアンクローを装着させました。
また、の方なんですが、入れ歯ってのはどうにも格好悪いんで
(はずしてる所想像したくないですよねww)
これも交換可能な人工の牙を設定してみました。


lycaonstask.jpg
posted by リューグハルト at 2006年04月04日18:26 | Comment(2) | TrackBack(0) | 黒鯖画廊

赤目の思い出等

お報せです(゚Д゚)ノ


故有って、美那が暫くPCに触れなくなりました。
リューグハルト留守番させて頂きます。
気の利かない所も御座いますが、今まで同様ご愛顧下さいませ┏(I:)

さて。

最近は四人衆揃って赤目秘密の日々が続いておりました。
エヴェルアヤラルジグールは無事卒業
ロスタムも、もうちょっとで卒業です。(ってかLv65ですw)


赤目では色んな想い出が出来ましたw
途中でシフさんが消えたりww
BISさんが消えた時も痛かったなぁwww(ノε`)ンププ

ジグールで参加した時、メンバーが途中でボロボロ抜けて行って、
最終的に3人クリアした時には、何やら感動を覚えましたww
ジグール鍵武道家で、あとは剣士さんでした。
これは無しでは無理でしたねw

逆に無茶苦茶スムーズにクリア出来たのは、チリWIZ二人にエンチャが居た時で、所謂火力アチャさん一人でしたが、猛烈な速さで敵を殲滅して進撃出来ました。
鍵BISエンチャ姫、戦士二人アチャ二人等と言ったオーソドックスな構成も安心感が有りますが、Wチリ(+エンチャ)の強さは圧巻に思えました。


突貫日記のキャラ達もそろそろオガ秘密に突入か?と云う所で、美那が留守になり、寂しい限りですが、リューグハルト以外のキャラ(ジグール、ロスタム、エヴェル)INしてうろうろしてますので、見かけたら声でもかけてあげてください^^
美那が帰りましたら、またリューグ&美那も活躍出来ると思います。

今後ともどうぞ宜しくお願い致します┏(I:)
posted by リューグハルト at 2006年04月03日19:12 | Comment(3) | TrackBack(0) | 救援日記