HARDDAYS NIGHT 【前編】

ちょいと前になりますが(そればっかし

「アサスの冒険談」をしてみようと言う話になりまして、
まずはガディウス砂漠リンケン北部地域に向いました。
勇者の丘傭兵の丘にかけて徘徊しているスターヒール盗賊団をパカパカ倒して、
まずはクエストアイテムGET♪(珍しい事に俺の方が美那より先に集め終わりましたw
続いて警備兵の墓モンスターを倒して次なるクエストアイテムを4つばかり集める段取りに。
二人で都合8つですね。
タッタカに向います。
が。

うむむ、ここの強いんじゃないか?? 何か痛いんだけど・・・・。
と、言う間にガイコツ達がわらわらと・・・・(゚Д゚≡゚Д゚)
これは無茶しないでターゲットきちんと探した方が良いな、とヒシヒシと思われる局面ですw
てな事でB1マップを走り回って探索すべく2人で走り回りますが、
走り過ぎながらも食らう攻撃が痛いww
ん?美那はどこだ???
「どこだ美那?」
「下にいる」

下???
「入り口の所に居るよ」
入り口?入り口の辺りにターゲットのモンスターが居たのかな?(´ー`)?
「しんだーー」
(゚Д゚≡゚Д゚)
ひいひい言いながらマップの下に・・・居ない!
「どこに居るんだよ」
「下だよー、下に降りたら敵が強くて」

工エエェェェΣ(´Д`ノ)ノ)))
B2かよ( ゚д゚)
大慌てでB2に向います。
「何でB2なんだよぉ」
「居るかと思って」
( ゚д゚)
そしてB2―――

harddaysnight2.jpg


めっちゃいかつい奴の足元に美那が倒れて居るのを確認しましたが、
このモンスターが激しく強い(ノε`)ンププ
一撃でかなりHP削られます。やばい( ̄□ ̄; )
退散して地上に出て、美那にはに返って貰い、コーリングで呼び寄せる段取りにしました。
しかしコーリング、覚えて間もないんですが、豪くCP食うんですな。
一回で成功すれば良いんですが、失敗もします。(^^ゞ
CP−130位になっちゃいます。
ヒィヒィヒィチャージをせっせとしている
失敗
ヒィヒィヒィチャージをせっせとしている
この間美那で楽しくウィンドウショッピング等を楽しんでます(ノε`)ンププ

何とかショッピング娘を呼び寄せまして、リトライです。
「お前なあB1がきつい状態でターゲット探してて、普通B2に行くか?」
「エヘヘ|∀・)」
ヽ( `Д´)ノ
なんてやり取りをしつつB1を徘徊―――。
準備万端で慎重に頑張ろう( ^ o ^ )/オウ
ブレッシングして小回復してプロテクティングエビルを・・・おい、美那待てよ まだ・・・
美那死んでるし( ̄□ ̄; )!!!
「何で途中で突貫するんだぁヽ( `Д´)ノ」←突貫娘だからです;

ええ、ご存知かとも思いますが、リザレクションって奴はCP食うんですよねww
安全な所でヒイヒイ言いながらチャージして、美那の元に駆け付けるんですが、走るだけでCP減りますしww、
魔法詠唱中に攻撃を受けると、魔法は中断されCPは無くなる(ノε`)ンププ
えらい事ですwww
安全地帯を求めてヒィヒィ逃げ回りますがガイコツの団体さんが数を増しつつ追い掛けて来ますww
美那「がんばれぇヽ(・∀・)ノ」( ゚д゚)おま・・・
追っ手の攻撃を掻い潜りつつ何とかリザに成功ヽ(^o^)丿ヽ(^o^)丿ヽ(^o^)丿〜♪
回復を・・・うぁCPが・・・・・がワラワラと!!・・・・!!!  ∧_L●◎

〜〜〜〜〜_羽Oノ

harddaysnight2.jpg


その後2回程全滅しまして、このクエスト後回しにしようね、と結論付けましたA´∀`;)

【続く】

posted by リューグハルト at 2006年01月31日02:23 | Comment(33) | TrackBack(0) | 救援日記

緋玉徨記:目次

序章
第一部 封印 
   ├第一章
   | 「風のジグール」
   ├第二章
   | 「屍鬼:1」
   | 「屍鬼:2」
   | 「屍鬼:3」
   | 「屍鬼:4」
   ├第三章
   | 「夢の女:1」
   | 「夢の女:2」
   | 「夢の女:3」
   └ 執筆中
posted by 美那 at 2006年01月25日20:54 | 外伝

風のジグール

の生い立ちを知るものは少ない。

体技を磨き上げて、武器と化した身体が敵を砕き、
切り札として使う投げナイフは冷酷なまでに正確な軌跡を描いて敵の息の根を止める。
禁欲的な修行無しには、この技を身につける事は叶わなかったに相違無い。
は洞窟や遺跡に眠る財宝や金銀を得るべく放浪する職業的冒険者であった。

不心得な冒険者の行動で古いから大挙して屍鬼が溢れ、
取り囲まれて窮地に陥った小規模な城砦都市の様子を
は峠の大岩の上で興味無さそうに眺めていた。

は感情を押し殺す事に専心して来た。
愚かな人間の運命等には関わりたくなかった。
の遺跡探索は、の生命を繋ぐ為の仕事であって、の目的ではなかった。
は己を一個の武器に鍛え上げる事に静かな情熱を注いで居るようだった。
その道に益せぬ行為には力を割かれたくなかったのだ。

峠を下った宿場で、は不思議な光景に出会う。
僅かな隙間を縫って、屍鬼に包囲された町から脱出した少年が、
宿場を行く冒険者たちに助勢を呼びかけているのだ。
その城塞都市には、しかし冒険者の興味を惹く宝も金銀も存在しなかった。
ジグールの求道にも何ら関係が無かった。
少年の懇願に応える者の有る道理がない。

その男の声は、ジグールの内部に何事かの深い振動を呼び起こした。
思わずジグール声の主を視線で探した。
その大きな男は、僧兵の様にも、戦士のようにも見えた。
良く通る声が、少年に話しかけている。
城塞都市を救いに行こうと言っている。

ジグールの中に、言い知れない不安が湧き起こった。
自分の道に何か齟齬が有る様な気がしたのだ。
それは指先に刺さった微小な棘のような微かな痛覚だったが、
ジグールに取っては驚きを持って立ち尽くしたくなるような感覚であった。
それはあの大男が、少年を見詰める眼射しが、もたらしたものである事が
ジグールには判った。
に取って見過ごせなかったのは、己の指先の微小な棘が何なのか、判らずにおく事だった。
あの男について行けば、それが判るような気が、
根拠もなくふっとジグールの胸に漣を立てた。

大男の広い背中に、声を掛けていた。
声を掛けた自分に幾分心地良い驚きを感じた。
「一緒に行こう。」
大男が振り返る。
「足手纏いにはならんよ。」
大男が微笑んだ。
「俺はジグール。いつ立つ?」
「今からだ。」と、大男が答えた。
少年の顔が輝いた。
「心強い申し出に感謝する。俺はリューグハルトだ。」

運命が二人を出逢わせた。

jiguel1.jpg



前へ | 目次 | 次へ
posted by リューグハルト at 2006年01月24日05:21 | Comment(6) | TrackBack(0) | 外伝

SDリューグハルト

4rueg.jpg


サイドバー用リューグ絵完成しましたぁ♪♪
を込めて描いたよぉ(*ノДノ)

これでやっとブログにPFを載せる事ができる(*´エ`)(´エ`*)ネー

posted by 美那 at 2006年01月21日01:05 | Comment(10) | TrackBack(0) | 黒鯖画廊

FANTASTIC4+1

「緋玉徨記:FRAIL&GRAIVE」登場人物SSを披露したので、
今度はイメージ画を描いてみました(゚Д゚)ノ

fantastic5.jpg
■ 画像クリックで拡大表示されます ■

左から
“風”のジグール
“滴”のアヤラル&菊千代
“霹靂”のロスタム
“一角獣”エヴェル

です。


レベル上げに奔走している彼らを見掛けたら
遊んでやって下さいませ(・∀・)b
posted by リューグハルト at 2006年01月20日03:42 | Comment(3) | TrackBack(0) | 黒鯖画廊

SD美那

storm.jpg


サイドバーにキャラのPFを載せようと思って描いてみました(・∀・)ノ
今日、美那が完成☆★

リューグの絵が完成したら、サイドバーにUPしたいと思います┏(I:)
posted by 美那 at 2006年01月19日13:36 | Comment(14) | TrackBack(0) | 黒鯖画廊

「剣光八閃」

さてさてw

美那おねだりされて
「緋玉徨記:FRAIL&GRAIVE」なんて物を立ち上げちゃいましたがww
どういう形で展開して行くか、思案中であります。(ノε`)ンププ

物語の詳細は大掴みな状態ですが、主人公に絡む主要キャラクターは考えてみました。
赤石世界で存在する職業を網羅する形ですw
美那リューグハルトをこつこつレベルアップしつつ、こっそり育てていましたww

取り敢えず紹介出来るのは次の四人です。
ご紹介しましょう―――

fantastic4.jpg


左から“風”のジグール
“霹靂”のロスタム
“滴”のアヤラル
“一角獣”エヴェルの面々です。

実際はこの4人と美那・リューグハルト組パーティを組む事は出来ませんが、
物語上はパーティを組んで活躍する事になると思います(多分;
彼ら一党が、後にブルンネンシュティグ「剣光八閃」と呼ばれる事になります。

最初に記念SSを撮った時から記事にするのに時間が経ってしまって、
レベル等ギャップが出てしまったので、
改めて最近の姿を撮りました。
ついでに幻のパーティSSを作ってみましたw

fantastic4thumb.jpg
■ 画像クリックで拡大表示されます ■

実はあと二人待機中です(´ノω`)コッソーリ
まあ「八閃」ですからね(ノε`)ンププ
その正体は?|∀・) ・・・

お楽しみに!!ヽ(A`*)ノ
posted by リューグハルト at 2006年01月18日18:23 | Comment(18) | TrackBack(0) | 外伝

乙女的視点

赤石ワールドでは
色んな場所があって嬉しい
街や山や洞窟や砂漠。。。
普段では行かないような所にリューグといけるから
楽しいです(*´ω`*)
まだまだ行ってない所が沢山あるから、
リューグと新たなスポットを探して
冒険しよぉっと♪

それで、
この前神聖都市アウグスタに行く途中で浜辺を見つけました・・・

・・・・
Σ(゚∀゚)!


浜辺!!
・・・


浜辺といえば
カップル!!



浜辺のカップルといえば!!



美那的フィルター!(人゚3゚*).☆.。.:*

hamabe.jpg

輝いてる!
2人とも、とっても輝いてるわぁああ!!
これが恋!!
リューグ
私をつかまえてみてぇ〜



そして2人は・・・・(*´ε`*)モジ(*´З`*)モジ
イヤーーーン
乙女チックにぃ。。(*ノωノ)

yasi.jpg

椰子の木の下でぇ・・・誰にも邪魔される事なく・・・




(*ノдノ)

メイク ラヴやね!
※発声ポイント よい子の皆は下唇をしっかり噛んで発音しようね(・∀・)b
ラァーーー ヴッ!!
下唇☆-(ノ゚∀゚)八(゚∀゚ )ノイエーイ


っと・・・
今夜も美那の妄想は留まる事をしりません・・・
posted by 美那 at 2006年01月17日20:14 | Comment(15) | TrackBack(0) | 暴走日記

エンチャ万歳

少し前になりますが、蟹狩りをご一緒した匿名希望氏と共に、
「伝説を求めて」をクリア。
いああ、この時点でのレベルでは、エンチャ無しでは辛いクエストになった事でしょう。
どうも有難う御座いました┏(I:)

rizaadokirinngu.jpg

さて最近は、美那レベル50を超え、60に近くなり、
アウグスタ近くでバンプ狩りに勤しむ日々が続いております。
レベル50を超えて、やっとリザレクションを覚え(^^ゞ
パーティ戦の時に
「BISさんりざお願い」
と頼まれてもドキリとしなくて済むようになりました。
いやもう「りざ」要求に答えられないビショップは、
ダンスの下手な黒人カンフーの出来ない中国人のようなもので(そうなのか?)
頼まれないように神に祈る毎日でした(これが聖職者の信仰心なのか!?
CP食うんで素早い対応は出来ませんが、可能な限り蘇生させて頂きます┏(I:)

何にせよ突貫娘を蘇生させてあげられるのが、嬉しいですね( ^ δ ^ )y-.。o○
パーティヒーリングにはまだまだ道程が長いですが、精進しようと心に誓う(大袈裟)今日この頃w
美那の留守中、サブキャラレベル上げでもしようかなと思うリューグでした。
そんな事言って記事UPせずに居る内に帰ってきちゃいましたが A´∀`;)
posted by リューグハルト at 2006年01月15日15:11 | Comment(9) | TrackBack(0) | 救援日記

「FRAIL&GRAIVE」

 
ruegmina3thumb.jpg
■ 画像クリックで拡大表示されます ■


既にUPした
美那リューグハルトそれぞれ単体の絵を
合成してみました
(・∀・)b
posted by リューグハルト at 2006年01月14日02:18 | Comment(10) | TrackBack(0) | 黒鯖画廊

「緋玉徨記」 FRAIL&GRAIVE

序章:

後世“守護のリューグハルト”と呼ばれるに至る、
元来はビショップに向かぬ激しやすい戦士は、東の辺境に生を受けたという。
持ち前の腕力で、辺境を跋扈する魔物害獣を退治して
地方の勇者と目されるようになったは、或る日不思議な夢を見る。
それはと云うにはあまりにも生々しい情景であった。
そのの中では一人のに出逢い、に落ちたのだと言う。
の中でリューグハルトとそのは邂逅し逢瀬を重ね、やがて意思を伝え合い想い合った。
そのの名は美那と云った。

後に“強襲の美那”と異名を取る美那は、西の辺境の、
その環境としては繁華な宿場町に生まれた。
家族の中に家を守る男がおらず、自然と女戦士としての素質を磨く事になる。
戦いに臨む少女は、その果敢さで周囲を感嘆せしめる成長を見せた。
その闘いの日々の中、彼女もまた鮮明な夢の中で一人の戦士に出逢う。
その日から彼女は、に出る事のみを考えるようになり、
後事を町の警護団の同僚達に託して生まれ故郷を後にする。
想いはただ、ブルンネンシュティグに在った。

リューグハルトは周囲の反対に耳を貸さず
決然と戦士になる事を思い止まり、ビショップを志す。
西の辺境で奔放に育った女戦士の補助にまわる為であった。
このリューグハルトの転身を周囲の者は訝しみ冷笑したが、の決意は固かった。
回復魔法を覚えたと思う間も無く彼は古都ブルンネンシュティグに旅立つ。

ビショップとしてはまだ駆け出しであったは、
諸国からの勇者冒険者の群れるの一角で、
惹かれ合うように西の辺境から旅をして来た美那と出逢った。

夢は現実であった。

後の世に編纂され「緋玉徨記」と題される事になる、
夢の導きに拠って結ばれた美那リューグハルト運命記録
この時より始まったのだ―――。

ruegmina4b.jpg

■ 画像をクリックすると拡大表示されます ■



posted by リューグハルト at 2006年01月08日00:51 | Comment(23) | TrackBack(0) | 外伝

蟹鍋の集い:その他

相変わらずまったりとレッドストーン生活が続いております。
リューグハルトです。
皆さん如何お過ごしでしょうか。
本年も宜しくお願い致します┏(I:)

―――さて、少しずつレベルをUPしつつも、
色々な方との嬉しい出会い、楽しい冒険の日々が続いております。
ちょっと前になるんですけど(記事遅れ遅れですんません : ;)
美那INした所、miriさんと花鳥さんがINしていて、
ブルンネンシュティグで落ち合う事になりました。

たまたま銀行前に集結してしまったんですが、
何とも混雑が酷くて場所を変えようと思っていた所に「耳打ち」が来ましたw
何と、当BLOGにカキコして下さっているハリマオさんでしたw

銀行前で対面した後、ひと気の無い所まで移動してだべりましたww

kaoawase2.jpg

さて、miriさんは美那に会う為にわざわざ黒鯖キャラを作ったので、
当然ながらレベル上げは進めておらずクエストにも手を出していません。
そこでまずクエストを何かクリアしようという事になりました。
ハリマオさんも加わって、称号クエスト「商道とは」に挑戦w
しかしこれはハリマオさんの援助も有って、難なくクリア( ^ o ^ )/

bridgehead.jpg

さてその後は、匿名希望氏、miriさん、花鳥さんとハノブ南蟹狩りに勤しみました。

kanigari.jpg

勿論狩りの後は蟹鍋で宴会しました(嘘←真っ赤です
PSmiriさん、くまさんGET出来ましたか?(*^ω^*)

posted by リューグハルト at 2006年01月07日03:37 | Comment(11) | TrackBack(0) | 救援日記

RUEGHARDT THE GUARDIAN

rueghardt.jpg
posted by リューグハルト at 2006年01月04日17:08 | Comment(10) | TrackBack(0) | 黒鯖画廊

2006年

明けましておめでとうございます♪♪

昨年末から赤石を始めて、
リューグと同じフィールドを一緒に走り回れてすごく楽しいです★★
それもこれも皆様のおかげです(*´ω`*)

今年もリューグ美那をよろしくお願いします┏(I:)

これからも色んなところでラボラボしながら黒鯖突貫しようねwリューグ(ノ´∀`*)



今年の初モエは・・・  

リューグがCPをチャージする時に  
お尻をプリプリ★★ふるのでした  


psiri1.gif  

プリプリ・・・(*ノдノ)   
posted by 美那 at 2006年01月03日16:55 | Comment(8) | TrackBack(0) | 暴走日記